渡・活(読み)わたらい

精選版 日本国語大辞典「渡・活」の解説

わたらい わたらひ【渡・活】

〘名〙 世渡りのためにするわざ。生活のための仕事。また、生活。なりわい。すぎわい。活計。生計
書紀(720)大化二年三月(北野本訓)「(あろし)貧困を歎き、自ら勢家にて活(ワタラヒ)求む
大和(947‐957頃)一四八「年頃わたらひなどもいとわろくなりて、家もこぼれ、使ふ人なども得ある所にいきつつ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android