コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡海造り とうかいづくり

大辞林 第三版の解説

とうかいづくり【渡海造り】

〔「とかいづくり」の転〕
江戸時代、旅客・荷物をのせて主な港間を航行した船。大きさは五、六反帆から一七、八反帆ほどで、船室は蔀しとみを巡らしただけのものや、総屋形・総矢倉造りのものもある。代表的なものに大坂・小倉間を航行した小倉船がある。

とかいづくり【渡海造り】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報