渡瀬 凌雲(読み)ワタセ リョウウン

20世紀日本人名事典の解説

渡瀬 凌雲
ワタセ リョウウン

大正・昭和期の日本画家 日本南画院副理事長。



生年
明治37(1904)年7月9日

没年
昭和55(1980)年5月17日

出生地
長野県下伊那郡根羽付

本名
渡瀬 幸成

主な受賞名〔年〕
日本南画院展桂月賞〔昭和37年〕「残照グランド・キャニオン」,日本南画院展文部大臣賞〔昭和41年〕「飛瀑朝宗」

経歴
明治43年小平小洲に入門、南画を学ぶ。ついで大正3年山本梅荘に師事し、8年上京して福田浩湖に入門。また漢学を那智左典に、14年京都で和漢文学、詩書を福田静処に学ぶ。この間9年日本南宗画会に「松籟泉韻」が入選。昭和5年菁我会研究所に入り、7年、8年と帝展に入選するが、以後は日本南画院を中心に出品。戦後21年同志と南画院を結成、35年日本南画院結成に参加し、同理事、37年常務理事、48年副理事長となった。37年日本南画院展で「残照グランド・キャニオン」が桂月賞、41年「飛瀑朝宗」が文部大臣賞を受賞。また34年天龍寺慈済院開山堂天井画「雲龍」を制作、42年南林社を結成した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android