渡瀬 庄三郎(読み)ワタセ ショウザブロウ

  • 渡瀬 庄三郎 (わたせ しょうざぶろう)

20世紀日本人名事典の解説

明治・大正期の動物学者 東京帝国大学理学部教授。



生年
文久2年11月11日(1862年)

没年
昭和4(1929)年3月8日

出身地
静岡県

学歴〔年〕
札幌農学校(現・北海道大学)〔明治17年〕卒

学位〔年〕
Ph.D.(ジョンズ・ホプキンズ大学)〔明治23年〕,理学博士〔明治32年〕

経歴
東大動物学科撰科生を経て、明治19年渡米してジョンズ・ホプキンズ大で発生学、細胞学、組織学を研究、のちクラーク大講師、シカゴ大教授となる。ドイツのキール大でフレミング教授について細胞学を深め、32年帰国、東京帝大理科大学講師を経て、34年教授に就任。ホタル、ホタルイカなどの発光や、動物の生態分布に関心を寄せ、屋久島・種子島奄美諸島間の生物境界線(渡瀬線)を発見。また沖縄のハブ退治のマングース移植、キツネ養殖など応用動物学にも業績があり、天然記念物保存事業(奄美の黒兎・雷鳥など)にも尽くした。その名はホタルイカの属名Wataseniaに記念されている。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1862年11月11日
明治時代;大正時代の動物学者。東京帝国大学教授
1929年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android