渡辺 千恵子(読み)ワタナベ チエコ

20世紀日本人名事典の解説

渡辺 千恵子
ワタナベ チエコ

昭和・平成期の作家 長崎原爆乙女の会副会長。



生年
昭和3(1928)年9月5日

没年
平成5(1993)年3月13日

出生地
長崎県長崎市銅座町

学歴〔年〕
鶴鳴女学院(現・鶴鳴女子高)

経歴
昭和20年16歳の時、学徒報国隊として長崎市内の工場で働いている時に被爆。その後車イスの生活を続け作家となる。また平和運動に身を投じつつ、障害者が自立した生活を営める“福祉のまちづくり”に参画する。57年渡米し、反核を訴えた。ニューヨークでは、婦人国際平和自由連盟の総会などに出席した。著書に「長崎に生きる」「長崎に燃えよ、オリンポスの火」など。61年には、その半生が英語の副読本となった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

渡辺 千恵子 (わたなべ ちえこ)

生年月日:1928年9月5日
昭和時代;平成時代の平和運動家
1993年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

渡辺 千恵子の関連情報