渡辺 栄蔵(読み)ワタナベ エイゾウ

20世紀日本人名事典の解説

渡辺 栄蔵
ワタナベ エイゾウ

昭和期の社会運動家 水俣病第1次訴訟原告団長;水俣病患者家庭相互会初代会長。



生年
明治31(1898)年3月3日

没年
昭和61(1986)年1月4日

出生地
熊本県宇土市

経歴
昭和6年より水俣に住み、漁業に従事。31年孫が水俣病に罹り、その後、一家全員が水俣病に侵される。33年8月水俣病患者家庭相互会を結成、初代会長となる。34年補償要求をかかげ、チッソ水俣工場正門前に座り込む。44年6月患者の一部はチッソを相手に熊本地裁に損害賠償請求を提訴(水俣病第1次訴訟)、その原告団長として活動。48年3月熊本地裁はチッソの過失責任を認め、患者勝訴を言い渡した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android