渡辺 武夫(読み)ワタナベ タケオ

20世紀日本人名事典の解説

渡辺 武夫
ワタナベ タケオ

昭和・平成期の洋画家 埼玉県美術家協会会長;日展顧問;光風会名誉会長。



生年
大正5(1916)年7月2日

没年
平成15(2003)年9月11日

出生地
東京都墨田区

出身地
埼玉県浦和市

学歴〔年〕
東京美術学校(現・東京芸術大学)油画科〔昭和14年〕卒

主な受賞名〔年〕
日展内閣総理大臣賞〔昭和49年〕「カアニュ好日」,日本芸術院賞(第41回)〔昭和60年〕「シャンパアニュの丘」,勲三等瑞宝章〔平成10年〕

経歴
昭和10年寺内万治郎に師事。13年東京美術学校(現・東京芸術大学)在学中、光風会展初入選でF氏賞受賞、「騎馬像のある部屋」で文展(現・日展)にも初入選。16年文展で「老図書館長Tさんの像」、18年「診察室の宮崎先生」が特選となり、注目を集めた。19年光風会会員。戦後は東京美術学校、埼玉大学、女子美術大学の講師を務めた他、埼玉県美術家協会会長、平成9年光風会理事長、11年日展顧問、12年名誉会長を歴任。昭和30年以来たびたび渡欧し、南フランスなどに取材した写実的な風景画で知られた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android