渡辺 祐策(読み)ワタナベ ユウサク

20世紀日本人名事典の解説

渡辺 祐策
ワタナベ ユウサク

明治・大正期の実業家,政治家 宇部セメント社長;衆院議員(政友会)。



生年
元治1年6月16日(1864年)

没年
昭和9(1934)年7月20日

出生地
長門国厚狭郡宇部村(山口県宇部市)

学歴〔年〕
協興学舎卒

経歴
農業に従事、宇部村役場勤務。宇部村会議員や助役を務める。宇部村海岸に一大炭脈を発見、沖ノ山炭鉱、本山炭鉱の経営に成功し、明治30年宇部石炭鉱業組合を結成。以後、経営業務を拡張して宇部電気鉄道、宇部鉄工所各社長となった。45年以来、衆院議員当選4回、政友会山口県支部長を務める。大正12年宇部セメント社長に就任。ほかに宇部紡績所、宇部窒素工業の創立など関連事業の育成に努め、宇部地域の発展に尽力した。これら企業は昭和17年設立の宇部興産の土台となった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

渡辺 祐策
ワタナベ ユウサク


肩書
衆院議員(政友会),宇部セメント社長

生年月日
元治1年6月16日(1864年)

出生地
長門国厚狭郡宇部村(山口県宇部市)

学歴
協興学舎卒

経歴
農業に従事、宇部村役場勤務。宇部村会議員や助役を務める。宇部村海岸に一大炭脈を発見、沖ノ山炭鉱、本山炭鉱の経営に成功し、明治30年宇部石炭鉱業組合を結成。以後、経営業務を拡張して宇部電気鉄道、宇部鉄工所各社長となった。45年以来、衆院議員当選4回、政友会山口県支部長を務める。大正12年宇部セメント社長に就任。ほかに宇部紡績所、宇部窒素工業の創立など関連事業の育成に努め、宇部地域の発展に尽力した。これら企業は昭和17年設立の宇部興産の土台となった。

没年月日
昭和9年7月20日

家族
二男=渡辺 剛二(宇部興産会長)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

渡辺 祐策 (わたなべ ゆうさく)

生年月日:1864年6月16日
明治時代;大正時代の実業家。宇部鉄工所社長;宇部銀行取締役
1934年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android