渡込(読み)わたしこみ

  • わたしこ・む

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 相撲のきまり手の一つ。押し合い寄り合いの際、片手で相手の片足を外側から引っぱりこむようにかかえあげ、他の手で相手の上体を押すか突くかして倒す技。〔相撲講話(1919)〕
〘他マ五(四)〙
① 相撲で、渡し込みの技をかける。
※相撲講話(1919)〈日本青年教育会〉駒ケ嶽の凋落と太刀山の独舞台「泳ぐ所を右に突張り、耐へる所を更に左で渡し込み」
② 会話をうまくつなげる。話をつくろう。
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一二「『何処へか御出掛で』と女はすぐ悟った。『ええ、一寸』と旨い具合に渡(ワタ)し込む」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android