コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

温湯温泉 ぬるゆおんせん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

温湯温泉(青森県)
ぬるゆおんせん

青森県中部、黒石市にある温泉。津軽平野を西流する浅瀬石(あせいし)川北岸にあり、近世初期から湯治場として農民の憩いの場であり、いまも温泉客舎とよばれる旅館が多い。泉質は塩化物泉、硫酸塩泉など。この地区は古くから木地挽(きじびき)が盛んで、「温湯こけし」は有名。黒石温泉郷県立自然公園内にあり、弘南鉄道黒石線黒石駅からバスの便がある。[横山 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

温湯温泉の関連キーワード横山

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android