温湯温泉(読み)ぬるゆおんせん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

温湯温泉(青森県)
ぬるゆおんせん

青森県中部、黒石市にある温泉。津軽平野を西流する浅瀬石(あせいし)川北岸にあり、近世初期から湯治場として農民の憩いの場であり、いまも温泉客舎とよばれる旅館が多い。泉質は塩化物泉、硫酸塩泉など。この地区は古くから木地挽(きじびき)が盛んで、「温湯こけし」は有名。黒石温泉郷県立自然公園内にあり、弘南鉄道黒石線黒石駅からバスの便がある。[横山 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android