コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湛如上人

美術人名辞典の解説

湛如上人

江戸中期の浄土真宗の僧。西本願寺十六世。西本願寺十四世寂如上人の子、関白九条輔実の猶子。名は光啓、幼名は直丸・直君。西本願寺十五世住如の法嗣となり、得度。大通寺の南谷に書と文章を学び、継職した。大僧正。寛保元年(1741)寂、26才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone