コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湛月紹円

美術人名辞典の解説

湛月紹円

江戸前期の禅僧。紹円は。湛月は字。妙心寺百九十四世となり、その在任中に塔頭慈雲院松濤庵を開く。また泉州住吉龍源寺・大坂天瑞寺等の開山となる。文筆に卓絶し、和歌に優れ、道歌百人一首中にも選ばれている。また黄檗隠元詩文をもって交流する。寛文10年(1670)寂、64才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android