コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湧く・涌く わく

大辞林 第三版の解説

わく【湧く・涌く】

( 動五[四] )
水などが地中から出てくる。 「泉が-・く」
汗・涙などが出る。 「涙が-・く」
感情などが生じる。 「喜びが-・く」 「興味が-・く」 「希望が-・く」
物事が生じる。急に表れる。また、盛んに起こる。 「アイディアが-・く」 「歌声が-・く」 「雲が-・く」 「憂き事のかく-・く時は/伊勢集」
虫などが発生する。 「うじが-・く」 〔「わかす」に対する自動詞〕
[慣用] 降って湧いたよう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android