コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯ノ山温泉 ゆノやまおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湯ノ山温泉
ゆノやまおんせん

別称鹿ノ湯。三重県北部,菰野 (こもの) 町にある温泉。御在所山東麓,三滝川上流部の渓谷にのぞむ。放射能泉で,泉温 27℃。脚気リウマチ神経痛などに効能がある。江戸時代中頃開湯の記録がある。西南戦争の際,負傷兵療養所となり,第2次世界大戦中も陸軍療養所がおかれた。シャクナゲ,サクラ,モミジの名所で,鈴鹿国定公園に属する。

湯ノ山温泉
ゆノやまおんせん

広島県南西部,広島市佐伯区にある温泉。かつては広島藩主浅野氏の湯治場として使われ,現在も神経痛やリウマチの療養に訪れる人が多い。泉質は放射能泉。泉温は約 24℃。高台に共同浴場の元湯があり,その裏には名物の湯滝 (打たせ湯) がある。国民保養温泉地に指定されている。近くには紅葉が美しい石ヶ谷峡がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ゆのやま‐おんせん〔‐ヲンセン〕【湯ノ山温泉】

三重県北部、三重郡菰野(こもの)町にある温泉。御在所山東麓にある。泉質は放射能泉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆのやまおんせん【湯ノ山温泉】

三重県三重郡菰野町こものちようにある温泉。御在所山東麓にある。放射能泉。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

湯ノ山温泉の関連キーワード湯来[町]湯来温泉鈴鹿山脈菰野町湯来土山

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android