コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯ノ鶴[温泉] ゆのつる

1件 の用語解説(湯ノ鶴[温泉]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ゆのつる【湯ノ鶴[温泉]】

熊本県南西部,水俣市南部にある温泉。湯出(ゆのづる)温泉ともいう。鹿児島県境の矢筈岳(687m)の北東麓,湯出(ゆで∥ゆのづる)川の渓谷に臨む。単純硫化水素泉,45~52℃。源平合戦のころ,傷ついたツルが湯浴みしているのを平家の落人が発見したという伝説がある。1895年ころから湯治宿ができ始め,現在は狭い道の両側に古風な10軒ほどの湯治宿と共同浴場が立ち並び,各所に湯煙が立ちのぼる。1979国民温泉の指定を受け,家族連れや老人団体が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

湯ノ鶴[温泉]の関連キーワード内牧温泉夏油温泉強羅温泉杖立温泉堂ヶ島温泉水俣市湯村温泉水俣小天温泉みなまた

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone