コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯ノ鶴[温泉] ゆのつる

世界大百科事典 第2版の解説

ゆのつる【湯ノ鶴[温泉]】

熊本県南西部,水俣市南部にある温泉。湯出(ゆのづる)温泉ともいう。鹿児島県境の矢筈岳(687m)の北東麓,湯出(ゆで∥ゆのづる)川の渓谷に臨む。単純硫化水素泉,45~52℃。源平合戦のころ,傷ついたツルが湯浴みしているのを平家の落人が発見したという伝説がある。1895年ころから湯治宿ができ始め,現在は狭い道の両側に古風な10軒ほどの湯治宿と共同浴場が立ち並び,各所に湯煙が立ちのぼる。1979年国民温泉の指定を受け,家族連れや老人団体が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android