コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯之谷[村] ゆのたに

1件 の用語解説(湯之谷[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ゆのたに【湯之谷[村]】

新潟県南東部,北魚沼郡の村。人口6605(1995)。魚野川の支流佐梨川の谷と東部の只見川上流域を占め,福島・群馬両県との県境にある。1641年(寛永18)上田銀山が発見され,高田藩により開発が進められた結果,元禄年間(1688‐1704)には戸数1000戸の鉱山町が出現し盛況をきわめた。これに伴って,佐梨川の谷の各集落は銀山街道の宿として栄えたが,江戸末期の閉山とともに衰えた。温泉の歴史も古く,奈良時代以来といわれ,大湯栃尾又などの温泉群があって湯之谷温泉郷として知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

湯之谷[村]の関連キーワード塩沢十日町盆地魚沼備前益子南魚沼雲洞庵中ノ岳越後川口岡村貢

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone