コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯宿[温泉] ゆじゅく

1件 の用語解説(湯宿[温泉]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ゆじゅく【湯宿[温泉]】

群馬県北西部,利根郡新治(にいはる)村にある温泉。含セッコウボウ硝泉,42℃。赤谷(あかや)川河畔,三国街道(国道17号線)沿いの三国温泉郷に含まれる。9世紀半ばに開湯したとの伝説が伝わるが,古くから三国街道の宿湯でもあった。1931年清水トンネルが完成し,上越線が全通してから首都圏からの静養客の利用が多くなった。付近には塩原多助の生家や墓碑,火防の霊場として知られる泰寧寺があり,背後の大峰山ハイキングの適地。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

湯宿[温泉]の関連キーワード猿ヶ京温泉新治法師温泉三国山草津洞元湖湯檜曽温泉川場田園プラザたくみの里

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone