コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯来〈町〉 ゆき〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔旧地名〕湯来〈町〉(ゆき〈ちょう〉)


広島県西部、太田川支流の水内(みのち)川流域に存在した町。
湯来温泉・湯の山温泉で有名。佐伯(さえき)郡。2005年(平成17)4月、合併のため廃止。⇒広島市佐伯区

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android