湯沢 三千男(読み)ユザワ ミチオ

20世紀日本人名事典「湯沢 三千男」の解説

湯沢 三千男
ユザワ ミチオ

大正・昭和期の官僚,政治家 参院議員(自民党);貴院議員(勅選);内相。



生年
明治21(1888)年5月20日

没年
昭和38(1963)年2月21日

出生地
栃木県

学歴〔年〕
東京帝大法科大学経済科〔明治45年〕

経歴
明治45年内務省に入り、社会保険、労働各部長、宮城県知事、内務省土木局長、広島・兵庫各県知事、内務次官などを経て、昭和17年東条英機内閣の内相。18〜21年勅選貴院議員。また対満事務局、企画院各参与、翼賛会総務、大日本産業報告会理事長などを務めた。戦後公職追放、解除後29年中央社会保険医療協議会会長などを務め、34年栃木地方区から参院議員に当選、参院予算委員長、自民党総務などを歴任した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「湯沢 三千男」の解説

湯沢 三千男 (ゆざわ みちお)

生年月日:1888年5月20日
大正時代;昭和時代の官僚;政治家。参院議員;貴院議員;内相
1963年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和「湯沢 三千男」の解説

湯沢 三千男
ユザワ ミチオ


肩書
参院議員(自民党),貴院議員(勅選),内相

生年月日
明治21年5月20日

出生地
栃木県

学歴
東京帝大法科大学経済科〔明治45年〕卒

経歴
明治45年内務省に入り、社会保険、労働各部長、宮城県知事、内務省土木局長、広島・兵庫各県知事、内務次官などを経て、昭和17年東条英機内閣の内相。18〜21年勅選貴院議員。また対満事務局、企画院各参与、翼賛会総務、大日本産業報告会理事長などを務めた。戦後公職追放、解除後29年中央社会保険医療協議会会長などを務め、34年栃木地方区から参院議員に当選、参院予算委員長、自民党総務などを歴任した。

没年月日
昭和38年2月21日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android