コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯沸器 ゆわかしき

世界大百科事典 第2版の解説

ゆわかしき【湯沸器】

必要時に水を瞬間に加熱する瞬間湯沸器を主として指す。一般にはガスを熱源とし,水の温度より25℃高く暖めた湯を1分間に供給できる体積のリットルを号数で示す。国産品が出たのは1930年で,おもに業務用で使われた。60年代には生活水準の向上とともに一般家庭に普及し,現在77.1%の普及率(1982)である。【杉原 美由紀】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

湯沸器の関連キーワード長期使用製品安全点検制度エネルギー資源瞬間ガス湯沸器特定保守製品サモワール台所用品給湯設備柳宗理鉄瓶

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湯沸器の関連情報