コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯津上[村] ゆづかみ

1件 の用語解説(湯津上[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ゆづかみ【湯津上[村]】

栃木県北東部,那須郡の村。人口5691(1995)。大田原市の東にあり,那珂川と支流の箒(ほうき)川に挟まれ,中央部は那須野原末端の丘陵や台地である。両河川沿いの低地には水田が広がり,米作と酪農,畜産などが行われる。中央部の金丸原台地にはかつて陸軍の演習場があったが,第2次大戦後開墾され,一部は村営放牧場となっている。古代那須国の中心地と推定されており,日本三古碑の一つ那須国造(なすのくにのみやつこ)碑(国宝)や侍塚古墳(史)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

湯津上[村]の関連キーワード小規模作業所黒木[町]国分寺[町]三条[市]中学校(旧制)

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone