湯灌場・湯潅場(読み)ゆかんば

大辞林 第三版の解説

ゆかんば【湯灌場・湯潅場】

江戸時代、寺の一画に設けられた湯灌をするための場所。地主・家持ちではない者は自宅で湯灌をすることが許されなかったことによる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android