コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湾岸開発と山砂

1件 の用語解説(湾岸開発と山砂の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

湾岸開発と山砂

房総の山砂採取は、東京湾岸の開発と軌を一にして発展してきた。羽田空港では80年代〜90年代後半の沖合展開(1〜3期で計約850ヘクタール)、また東京湾横断道路(東京湾アクアライン、97年開通)の人工島部、古くは扇島(川崎市)や君津など大規模な製鉄所用地の造成などに使われてきた。

(2007-11-17 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

湾岸開発と山砂の関連キーワード市川稲毛内房軌を一にする揆を一にする常軌を逸する袖ヶ浦房総山砂利海砂採取をめぐる問題

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone