コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

満州中央銀行

1件 の用語解説(満州中央銀行の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

満州中央銀行

旧満州国が設立される以前の中国東北地方は、軍閥などが、独自の紙幣や軍票などを発行していた。満州事変後、関東軍は当時同地域にあった四つの銀行に日本人の監理員を派遣、財産の継承と経営の統一を進めた。関東軍主導で創立委員が選出され、32年7月に開業した満州中央銀行は、銀本位制をとることで当時15種にのぼっていた通貨を統一、満州国の中央銀行として機能した。

(2006-01-04 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

満州中央銀行の関連キーワード張景惠東三省満州南満州鉄道ゴボウ満州岩満州国と満蒙開拓団・青少年義勇軍満蒙開拓団と青少年義勇軍里見甫満州建国大学

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

満州中央銀行の関連情報