コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

満州開拓団と島根県

1件 の用語解説(満州開拓団と島根県の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

満州開拓団と島根県

1931年の満州事変を機に旧満州への移民が本格化。広田弘毅内閣は36年に「20年間に100万戸500万人」の計画を立て、国策で移民を推進。開拓民を多数送り出すため団体移住を促進する町村単位の分村計画も進められ、「満洲開拓史」によると県内は旧東仙道村のほか、隣の旧真砂村(現・益田市)の裕家真砂開拓団などがあった。また県報国農場隊や満蒙開拓青少年義勇軍にも多数参加。「島根県満州開拓史」によると、県内から満州に送り出された開拓移民は2千数百人余とも、3千人余ともされる。

(2010-07-30 朝日新聞 朝刊 島根 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

満州開拓団と島根県の関連キーワードドイツ映画ダイハツ三輪車第1号車(HA型)谷川岳井上財政満州事変南国太平記艾蕪パプストプラクネット球枕状構造

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone