満杯・満盃(読み)まんぱい

大辞林 第三版の解説

まんぱい【満杯・満盃】

酒が杯になみなみとあること。 「 -の酒」
容器が物で満たされること。 「タンクに水が-になる」
物を収容する場所などに物がいっぱいはいって、それ以上はいらないこと。 「 -の駐車場」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

まん‐ぱい【満杯・満盃】

〘名〙
① 酒が杯になみなみとあること。また、一般に、容器がいっぱいになること。
※煤煙(1909)〈森田草平〉一七「満盃のウイスキイを一ト息に乾したが」
② 転じて、人や物が収容していっぱいになることや、予定の数に達することをいう。
※黄色い鼠(1977)〈井上ひさし〉二「ホテルは他の連中で満杯らしいんだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android