コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源三郎(1) げんざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源三郎(1) げんざぶろう

?-? 江戸時代後期の従僕。
文政元年(1818)兄権之助の主人播磨(はりま)(兵庫県)姫路藩士上田左太夫が殺されたため,その犯人とおもわれる水野勘解由(かげゆ)の書生となって証拠を探索。勘解由は死罪となり,その首は左太夫の子にあたえられた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

源三郎(1)の関連キーワード従僕

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android