コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

準静的 じゅんせいてき

大辞林 第三版の解説

じゅんせいてき【準静的】

〘物〙 物質系の変化が、常に熱平衡状態に十分近い(熱平衡状態からのずれを任意に小さくすることができる)状態を保ちながら起こること。準静的変化は可逆変化であるが、一般の可逆変化は必ずしも準静的ではない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

準静的の関連キーワードカルノー(Nicolas Léonard Sadi Carnot)クラウジウス=クラペイロンの式ポアッソンの法則(断熱変化)エントロピー(熱)等エントロピー変化断熱過程[大気]カルノーサイクルポアソンの法則歩行ロボットエントロピー準静的過程準静的変化熱平衡状態重力収縮可逆変化断熱変化断熱膨張等温変化ばね