コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溶ける・解ける・融ける・熔ける・鎔ける とける

大辞林 第三版の解説

とける【溶ける・解ける・融ける・熔ける・鎔ける】

( 動下一 ) [文] カ下二 と・く
〔「とける(解)」と同源〕
ある物質の分子が液体中に均一に拡散する。溶解する。 「塩は水に-・ける」 「酸素は水にあまり-・けない」
固形物が、熱によって液状になる。 「チョコレートが-・けてべたべたになる」 「春になって雪が-・ける」 「溶鉱炉の中で鉱石が-・ける」 〔金属の場合は「熔ける」「鎔ける」とも書く〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

溶ける・解ける・融ける・熔ける・鎔けるの関連キーワード溶鉱炉

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android