コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溶存酸素量(DO)

1件 の用語解説(溶存酸素量(DO)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

溶存酸素量(DO)

海水1リットルあたりの酸素量を示す値で、水質汚濁を示す代表的な指標。魚介類が生存するために必要な量は3ミリグラムとされる。今回の調査では湾奥部の最も低い地点で1ミリグラム以下だったが、横浜市沖より南では3ミリグラムを超え、10ミリグラムを上回る場所もあった。塩分濃度などの影響を受けるとされ、今回の調査でも、貧酸素水塊の南端と塩分濃度の高い水の北端の位置がほぼ一致している。

(2008-08-31 朝日新聞 朝刊 横浜 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone