コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溶存酸素量(DO)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

溶存酸素量(DO)

海水1リットルあたりの酸素量を示す値で、水質汚濁を示す代表的な指標。魚介類が生存するために必要な量は3ミリグラムとされる。今回の調査では湾奥部の最も低い地点で1ミリグラム以下だったが、横浜市沖より南では3ミリグラムを超え、10ミリグラムを上回る場所もあった。塩分濃度などの影響を受けるとされ、今回の調査でも、貧酸素水塊南端と塩分濃度の高い水の北端の位置がほぼ一致している。

(2008-08-31 朝日新聞 朝刊 横浜 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

溶存酸素量(DO)の関連キーワード日本のラムサール条約登録湿地生物化学的酸素要求量日本海固有水生活環境項目HBO 療法アムンゼン海給排水設備漁業気象貧栄養湖潮だまりペルム紀海洋観測キンギョ水産増殖過栄養湖環境基準深層循環富栄養湖溶存酸素大西洋

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android