滋賀県愛知郡愛荘町(読み)あいしょう〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔滋賀県〕愛荘〈町〉(あいしょう〈ちょう〉)


滋賀県中東部にある町。湖東平野に位置し、愛知(えち)川・宇曽川が流れる。愛知郡
2006年(平成18)2月、愛知郡の秦荘町、愛知川町が合併して成立。中山道の旧宿場町で、近江商人発祥地の一つ。JR東海道新幹線・名神高速道路が縦断している。麻織物近江上布(じょうふ)は国の伝統的工芸品に指定。櫛押絣(くしおしがすり)の技法を用いた秦荘紬(つむぎ)も有名。伝統の織物業から発展した繊維・衣服産業の工場が多い。農業ではヤマイモ・ナシなどの栽培が盛ん。東部にある金剛輪(こんごうりん)寺は湖東三山の一つで、本堂は国宝に指定されている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android