滋賀県湖南市(読み)こなん〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔滋賀県〕湖南〈市〉(こなん〈し〉)


滋賀県南部、野洲(やす)川中流域の市。
2004年(平成16)10月、甲賀(こうか)郡の石部町、甲西町が合併して成立。この合併により、甲賀郡は消滅。石部は近世には東海道五十三次宿場町として繁栄。農商業の町から、第二次世界大戦後に工場進出が相次ぎ、内陸工業の拠点となる。金属・機械・自動車部品・精密機器・ガラスなどの工場が集積。川沿いの沖積地では稲作・野菜栽培が盛ん。種苗会社の研究農場がある。宅地化も進み、京阪神地区のベッドタウンとしても発達。長寿寺本堂と、常楽寺の本堂・三重塔は国宝に指定されている。平松のウツクシマツ自生地は国の天然記念物。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

滋賀県湖南市の関連情報