コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滋賀県甲賀市 こうか〈し〉

1件 の用語解説(滋賀県甲賀市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔滋賀県〕甲賀〈市〉(こうか〈し〉)


滋賀県南部の市。
市域は東西に広く、東部と南部は三重県に接し、南西部は京都府に接する。東部には鈴鹿山脈が走り、中央部は丘陵地帯。野洲(やす)川・大戸川などの川沿いに平地が開ける。2004年(平成16)10月、甲賀郡の水口町、土山町、甲賀町、甲南町、信楽町が合併して成立。この合併により甲賀郡は消滅。JR草津線近江鉄道本線信楽高原鉄道新名神高速道路などが通じる。
信楽は奈良時代紫香楽宮(しがらきのみや)がおかれた地。跡地は国の史跡となっている。甲賀・甲南両地区は甲賀忍術発祥の地といわれ、忍術村や忍者屋敷が観光客を集める。水口・土山の両地区は近世には東海道五十三次の宿場町として繁栄。水口は加藤氏2万5千石の城下町でもあった。明治時代からの甲賀売薬(近江売薬)は富山・奈良と並ぶ置き薬業で、この歴史に基づき製薬工場が多い。農業では近江米の稲作・日野菜などの蔬菜栽培のほか、高級茶の近江茶とカンピョウを特産する。山間部では古来東大寺などの造営に用いられてきたヒノキやスギの良材を産し、養鶏など畜産も行われる。信楽地区は鎌倉時代に始まった伝統の信楽焼の窯業で知られ、茶陶・植木鉢やタイルなども生産する。甲南フロンティアパークなどの工業団地が造成され、化学・電機・機械などの工場が進出。宅地化も進展。三重県に近い鈴鹿山脈一帯は鈴鹿国定公園に属し、シャクナゲ群落など貴重な自然が残る。土山町の垂水斎王頓宮(たるみさいおうとんぐう)跡は国の史跡に指定。甲賀町に伝わる油日の太鼓踊りは国の選択無形民俗文化財

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

滋賀県甲賀市の関連情報