滋賀県草津市(読み)くさつ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔滋賀県〕草津〈市〉(くさつ〈し〉)


滋賀県南部の市。
琵琶(びわ)湖の東南岸に位置する。湖南地域の産業・経済の中心。東海道と中山道が分岐する交通の要衝で宿場町として栄えた。湖岸の矢橋(やばせ)は近江八景の一つ「矢橋の帰帆(きはん)」で知られた旧湖港。JR東海道本線・名神高速道路および新名神高速道路が通じ、京阪神を控えた住宅地として発展。電機・機械などの工場が操業する県下有数の工業都市。淡水養殖真珠などが特産品。草津宿本陣は国の史跡に指定。滋賀県立水環境科学館、水生植物公園みずの森がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

滋賀県草津市の関連情報