滋賀県蒲生郡日野町(読み)ひの〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔滋賀県〕日野〈町〉(ひの〈ちょう〉)


滋賀県南東部、日野川上流域の町。蒲生(がもう)郡
戦国時代末期に蒲生氏が城下町を造営、江戸時代は薬・日野椀(わん)・蚊帳(かや)などを行商した近江商人の一拠点として繁栄。商人の旧宅を資料館にした近江日野商人館がある。稲作のほか、酪農が盛ん。江戸時代からの製薬業もあり、工業団地に工場が進出。農業公園ブルーメの丘、森林体験施設グリム冒険の森がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android