滋賀県高島市(読み)たかしま〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔滋賀県〕高島〈市〉(たかしま〈し〉)


滋賀県北西部の市。
北は福井県、西は京都府に接し、東部は琵琶湖に臨む。福井県境には野坂山地、京都府境には比良(ひら)山地の山々が連なり、市東部の琵琶湖に注ぐ安曇川河口部には三角州が広がる。2005年(平成17)1月、高島郡のマキノ町、今津町、朽木村、安曇川町、高島町、新旭町の5町1村が合併して成立。この合併により、高島郡は消滅。琵琶湖畔沿いにJR湖西線が走る。稲作中心の農業のほか、酪農、湖岸漁業、山間部での林業が盛ん。地場産業に竹製の扇子の骨材や高島硯の製造がある。高島縮(たかしまちぢみ)の伝統に基づく機業も発達しており、クレープ・麻製品などを生産。古来畿内と北陸を結ぶ水陸交通の道が開け、今津・朽木などはその交通の要衝であった。勝野は大溝藩の旧陣屋町。朽木市場には朽木氏の陣屋がおかれた。近江聖人と呼ばれた陽明学者中江藤樹(なかえとうじゅ)は安曇川町の出身で、その書院跡は国の史跡に指定されている。旧秀隣寺(しゅうりんじ)庭園は国の名勝。海津大崎は琵琶湖八景の一つに数えられる景勝地で、琵琶湖国定公園に含まれる。竹生(ちくぶ)島への観光フェリーや白鬚(しらひげ)浜・萩の浜の海水浴場、関西でもっとも古いマキノスキー場が観光客に人気。饗庭野(あえばの)台地に陸上自衛隊の演習場がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

滋賀県高島市の関連情報