コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滝上[町] たきのうえ

百科事典マイペディアの解説

滝上[町]【たきのうえ】

北海道紋別郡の町。1905年に高知県からの移民が入植し,開拓が始まった。渚滑(しょこつ)川上流の広大な北見山地を含み,木材を多産し製材業が盛ん。川沿い低地ではジャガイモを産するほか酪農も行われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たきのうえ【滝上[町]】

北海道北東部,網走支庁紋別郡にある町。人口4084(1995)。渚滑(しよこつ)川の上流部に位置し,その下流部に数ヵ所の滝があるところから地名が生まれた。南西部の天塩岳(1558m)などの北見山地の山々に囲まれ,渚滑川が東へ流れる。中心集落は渚滑川とその支流サクルー川の合流点に発達している。1905年に高知県からの移民が入地してから開拓が始まった。畑作,酪農が中心で,小麦,ジャガイモ,テンサイのほか,ハッカの耕作面積が大きい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

滝上[町]の関連キーワード北海道紋別郡

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android