コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滴水宜牧 てきすい ぎぼく

1件 の用語解説(滴水宜牧の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

滴水宜牧

臨済宗の僧。天龍寺二百三十六世。丹波生。滴水は号、別号に無異室、宜牧は諱、姓は由理(利)父の遺命により龍勝寺大法の下に出家し、備前の曹源寺儀山禅師に参究し、京都の嵯峨要行院義堂に従う。明治4年天龍寺派管長となり、兵火を罹った天龍寺の再建に尽す。大教正・禅三派管長に補せられる。明治32年(1899)寂、78才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone