コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滴水宜牧 てきすい ぎぼく

1件 の用語解説(滴水宜牧の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

滴水宜牧

臨済宗の僧。天龍寺二百三十六世。丹波生。滴水は号、別号に無異室、宜牧は諱、姓は由理(利)父の遺命により龍勝寺大法の下に出家し、備前の曹源寺儀山禅師に参究し、京都の嵯峨要行院義堂に従う。明治4年天龍寺派管長となり、兵火を罹った天龍寺の再建に尽す。大教正・禅三派管長に補せられる。明治32年(1899)寂、78才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

滴水宜牧の関連キーワード翠岩承堅昭海紹蘇文室宗周森山歓渓竜淵元碩補仲等修間宮英宗峨山昌禎桂洲道倫孝暢

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone