コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漁す ぎょす

大辞林 第三版の解説

ぎょす【漁す】

( 動サ変 )
魚介類をとる。
あさる。あさり歩く。女色をあさる。 「余を以て色を舞姫の群に-・するものとしたり/舞姫 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

漁すの関連キーワード蟹工船(母船式カニ漁業の母船)サケ・マス漁と輸入サケフィッシングキャットキャッチャーボートカツオ・マグロ漁船燃油高騰と漁業サケ・マス母船すさみ[町]野母崎[町]一漁(3代)スナドリネコ七ヶ浜[町]室戸(市)藻臥し束鮒布津[町]母船式漁業珠洲(市)ダウェー漁業労働漁業気象

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android