コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漂零・飄零・飃零 ひょうれい

大辞林 第三版の解説

ひょうれい【漂零・飄零・飃零】

( 名 ) スル
葉や花びらが、風でひらひら落ちること。 「野色研然桃李-して暮春の風光愛す可し/航西日乗 柳北
おちぶれさすらうこと。 「胡地万里の沙漠に-して/佳人之奇遇 散士

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

漂零・飄零・飃零の関連キーワード散士

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android