コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

演歌・艶歌 えんか

大辞林 第三版の解説

えんか【演歌・艶歌】

明治中期、自由民権を主張する壮士たちが演説がわりに歌った歌。「民権数え歌」「ダイナマイトドン」など。書生節の源となった。大正末期には、政治色のない大道芸として街頭でバイオリンの伴奏で歌われた流行歌(「はいから節」「籠の鳥」など)をいう。
日本的な哀愁を帯びた歌謡曲一般をいう語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

演歌・艶歌の関連キーワードバイオリン自由民権歌謡曲書生節大道芸籠の鳥流行歌

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android