コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漢字変換モード かんじへんかんもーど

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

漢字変換モード

ATOKの漢字変換モードは、MS-IMEの変換モードに相当する。ATOKではカタカナや漢字交じりの一般的な文字列を変換する「連文節変換」と、漢字の連続する固有名詞などの入力に適した「複合語変換」、文字を自動的に変換してくれる「自動変換」の3種類のモードがある。このうち「複合語変換」については、さらに細かく設定できる。また漢字変換モードはATOKのパレットの「連」や「複」の表示をマウスでクリックすることでも変更できる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

漢字変換モードの関連キーワード複合語変換詳細

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android