漢字廃止論(読み)かんじはいしろん

大辞林 第三版の解説

かんじはいしろん【漢字廃止論】

漢字の使用をやめ、仮名かローマ字あるいは新字を作るかして日本語を表記しようとする考え。漢字は字種が多く、字形も読み方も複雑で学習しにくい、印刷・タイプライターなどに不向きで非能率的だ、国際性に乏しいなどの理由から主張されている。1866年(慶応2)の前島密が徳川慶喜に建白した「漢字御廃止之儀」が最も早い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

漢字廃止論の関連情報