コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漢字Talk 7.1 かんじとーくななてんいち

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

漢字Talk 7.1

1992年秋に発表されたSystem 7.1の日本語バージョン。アメリカで大きな反響を呼んだメジャーアップグレードであるSystem 7の日本語化が遅れに遅れ、日本のユーザはSystem 7.1のタイミングまで待たされることとなった。その分、漢字Talk 6から大きく改善され、パソコン用OSとしては、当時最も進んだ機能を提供していた。32ビットアドレッシングによる広大なメモリー空間、仮想メモリー、WorldScript技術による多言語環境、TrueTypeフォントの搭載、AppleShareによるピアツーピア型ネットワークなどが標準サポートされた。また、TSMにより、かな漢字変換の標準的なAPIがサポートされ、それに伴い、FEP(フロント・エンド・プロセッサー)からIM(インプット・メソッド)と呼び方も変わった。漢字Talk 6までの2.1変換に代わる新しいインプットメソッドとして「ことえり」が付属した。またMulti Finderが標準になり、疑似的なマルチタスク環境を提供している。漢字Talk 7.5やMac OS 7.6は、漢字Talk 7.1がベースになっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

漢字Talk 7.1の関連キーワードForeign System FontsApple File Exchange32Power MacintoshWorldScriptⅡPC ExchangeApple EventフォントスーツケースフォントフォルダーインフォメーションGomTalk 7TrueTypeSweetJAMおにぎりcdevKT7IACDA大阪

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android