コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漢字Talk 7.1 かんじとーくななてんいち

1件 の用語解説(漢字Talk 7.1の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

漢字Talk 7.1

1992年秋に発表されたSystem 7.1の日本語バージョンアメリカで大きな反響を呼んだメジャーアップグレードであるSystem 7の日本語化が遅れに遅れ、日本のユーザはSystem 7.1のタイミングまで待たされることとなった。その分、漢字Talk 6から大きく改善され、パソコン用OSとしては、当時最も進んだ機能を提供していた。32ビットアドレッシングによる広大なメモリー空間仮想メモリー、WorldScript技術による多言語環境、TrueTypeフォントの搭載、AppleShareによるピアツーピアネットワークなどが標準サポートされた。また、TSMにより、かな漢字変換の標準的なAPIがサポートされ、それに伴い、FEP(フロントエンドプロセッサー)からIM(インプットメソッド)と呼び方も変わった。漢字Talk 6までの2.1変換に代わる新しいインプットメソッドとして「ことえり」が付属した。またMulti Finderが標準になり、疑似的なマルチタスク環境を提供している。漢字Talk 7.5やMac OS 7.6は、漢字Talk 7.1がベースになっている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢字Talk 7.1の関連キーワード芸術祭死霊東海地震関連情報再録未発表書下ろし政府公式見解萩原朔太郎賞

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone