コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漢織・呉織 あやはとりくれはとり

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

漢織・呉織
あやはとりくれはとり

古代に中国から渡来した縫工女(きぬぬいめ)。「はとり」は機織(はたおり)の意。『日本書紀』によれば応神(おうじん)天皇37年に、呉(ご)(中国、江南地方)王が縫工女兄媛(えひめ)、弟媛(おとひめ)、呉織、穴織(あなはとり)を献じたという。雄略(ゆうりゃく)天皇14年にも呉から漢織、呉織と衣縫(きぬぬい)の兄媛、弟媛が献じられた。兄媛は大三輪(おおみわ)神に奉り、弟媛は漢衣縫部(あやのきぬぬいべ)とし、漢織と呉織は飛鳥(あすか)衣織部と伊勢(いせ)衣織部の祖先であるとみえる。漢織・呉織は、ともに呉からきた綾織(あやおり)の技術者をさしている。7月7日の星祭を七夕(たなばた)とよび、織女星を祀(まつ)ることによって女性の手芸が上達するという行事と信仰が古くからある。七夕は棚機(たなばた)で呉の進んだ織機をさし、七夕祭は漢織・呉織の渡来と関係があろう。[志田諄一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

漢織・呉織の関連キーワード呉服呉織

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android