漢那 憲和(読み)カンナ ケンワ

  • 漢那 憲和 (かんな けんわ)

20世紀日本人名事典の解説

大正・昭和期の海軍少将,政治家 衆院議員(日本進歩党)。



生年
明治10(1877)年9月6日

没年
昭和25(1950)年7月29日

出生地
沖縄県那覇

学歴〔年〕
海兵卒

経歴
沖縄尋常中学時代、ストライキを指導して退学処分を受けた。日露戦争で金鵄勲章受章。大正10年巡遊艦「香取艦長(大佐)として皇太子殿下(昭和天皇)の欧州巡遊に随行。2年後少将昇進、14年予備役。昭和3年第6回衆院選挙に出馬、最高得票で当選、以後当選5回。14年内務政務次官。戦後公職追放されたが、沖縄の復帰運動に尽力、21年10月マッカーサー司令官に嘆願書を出すなど東京で活躍した。著書に「今上陛下の昭和維新」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説


肩書
衆院議員(日本進歩党)

生年月日
明治10年9月6日

出生地
沖縄県那覇

学歴
海兵卒

経歴
沖縄尋常中学時代、ストライキを指導して退学処分を受けた。日露戦争で金鵄勲章受章。大正10年巡遊艦「香取」艦長(大佐)として皇太子殿下(昭和天皇)の欧州巡遊に随行。2年後少将に昇進、14年予備役。昭和3年第6回衆院選挙に出馬、最高得票で当選、以後当選5回。14年内務政務次官。戦後公職追放されたが、沖縄の復帰運動に尽力、21年10月マッカーサー司令官に嘆願書を出すなど東京で活躍した。著書に「今上陛下の昭和維新」がある。

没年月日
昭和25年7月29日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1877年9月6日
大正時代;昭和時代の海軍軍人;政治家。少将;衆議院議員(日本進歩党)
1950年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android