コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漬け・漬 づけ

大辞林 第三版の解説

づけ【漬け・漬】

[2] 醬油につけたマグロの赤身のにぎりずし。また、その赤身。もと保存のために醬油につけたところからの呼称。ずけ。
名詞の下に付く。
それに漬けること、また漬けたもの。 「茶-」
漬物の名称で、漬ける食品材料・調味料・漬ける方法・産地などを示す語の下に付ける語。 「たくあん-」 「みそ-」 「一夜-」 「奈良-」
それに毒されていること。 「薬-の医療」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android