コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漱石と鎌倉

1件 の用語解説(漱石と鎌倉の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

漱石と鎌倉

鎌倉には漱石ゆかりの地が多い。1894年末には禅寺の円覚寺に参禅。1911年7月には、長谷寺の近くにある友人の別荘に滞在した。1897年と1912年夏にも、漱石は鎌倉市材木座それぞれ別荘を借り、海を楽しんだ。12年7月22日の日記には「浜へ出て見ると、海浜永鎌倉海浜ホテル)に逗留(とうりゅう)の唐人(外国人)海につかっている」とある。「こころ」にも似た場面を描いている。

(2014-04-28 朝日新聞 朝刊 ニュースの扉)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漱石と鎌倉の関連キーワード鎌倉峡縁の色縁もゆかりもないゆかり鎌倉文学館神戸ゆかりの美術館天水[町]小川由加里紫由加里ゆかりの色

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

漱石と鎌倉の関連情報