漱石アンドロイド

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

漱石アンドロイド

夏目漱石が前身の漢学塾で学んだ二松学舎大(東京)が、創立140周年の記念事業として、大阪大の石黒浩教授の監修で昨年製作した人間型ロボット。漱石が在社した朝日新聞社がデスマスクを提供して協力し、音声は孫・夏目房之介さんの肉声を元に合成した。

(2017-11-14 朝日新聞 朝刊 愛媛全県・2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

漱石アンドロイドの関連情報