コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

澄一道亮 ちんい どうりゅう

美術人名辞典の解説

澄一道亮

江戸前・中期の黄檗宗の渡来禅僧。浙江省杭州銭塘生。姓は陳。号は慈済軒。長崎に渡来、興福寺で逸然性融に学び住持となる。長崎の大火後、大雄宝殿を再建、次いで永福庵を建て開基となる。医学と本草学に通じ、門下に石原鼎庵・上野玄貞・今井弘済らがいる。元禄四年(一六九一)寂、八四才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

澄一道亮の関連キーワード心越興儔国造塵隠